名古屋でおすすめのマンスリーマンションや家具・家電付き賃貸業者を比較ランキング形式でご紹介!

入居審査なし?連帯保証人不要?マンスリー契約の条件とは?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/09

一般的に賃貸物件を借りる場合は、入居審査が行われたり、連帯保証人を用意しなければなりません。ただ、マンスリーの場合は限られた期間だけを借りることが前提となっており、期限を定めずにそこに住んでいるわけではありません。

では、一般的な賃貸物件とマンスリーマンションでは入居時の契約に関して何か違う点があるのでしょうか。

一般的な賃貸物件を借りる場合の条件

一般的なマンションやアパートで賃貸契約をする場合、保証人を用意しなければならないということになっています。物件によって違いますが、敷金や礼金、さらに仲介手数料が必要となることもあります。

また、多くの物件では2年ごとに契約更新を迎え、その都度更新手数料を払わなければならないということになっています。もちろん入居にあたって審査が必要となっていて、その審査の結果によってはその物件への入居ができないということもあり、どんな場合でも入居できるとは限りません。

保証人を用意する必要もあり、さらに物件によってはそれだけでなく保証会社を利用しなければならない場合もあります。ではなぜ賃貸物件を借りるだけなのに保証人を用意したり保証会社を利用しなければならないことになっているのでしょうか。

民法では、保証人と呼ばれる人は、家主がもしも家賃を払えなくなってしまった場合には、その人に代わって家賃の支払いを請求されることになっています。ただその人が複数人いれば、もし支払いを請求されてしまっても、その保証人の人数で支払いの額を割ることができるようになっています。

したがって、家主に対してしっかりと家賃を払うことができるというのを証明するためにも保証人は必要だといえます。とはいえ、現在は核家族化が進んでいるので、なかなか自分の親族には依頼できないという人も決して少なくありません。

その場合は保証会社を利用したり、友人、知人などに依頼することももちろんできますが、親族に比べると審査条件が厳しくなる傾向です。したがって、友人知人に依頼するのではなく、できれば2親等以内の親族に依頼するというのが理想的です。

また、一般的な賃貸物件の場合、借りる部屋には何も残っておらず、家具家電は自分で用意しなければなりません。だから購入する家具・家電の種類によっても変わってきますが、入居に関する初期費用が少し高額になってしまう傾向です。

マンスリーマンションの契約条件

マンスリーマンションの場合は、一般的な賃貸のマンションとは違い、その入居の契約自体は1ヶ月単位となっています。物件によって契約条件が違っていて、数ヶ月間最初から契約できるところもあれば1ヶ月よりも短い期間で借りられるところもあります。

一般の賃貸物件と大きく違っている点は、すでに家具や家電が用意されているので、部屋の鍵を受け取ればすぐにその部屋で生活することもできる点です。だから、家具や家電を用意する必要がないので、初期費用をできる限り節約することもできるようになっています。

また、手軽に入居できるという点は、入居時の契約条件に対しても反映されており、一般的な賃貸物件に比べるとはるかに簡単に入居できます。

まず一つは本来賃貸に入居する際には必要となる保証人を用意しなくても入居できるということです。運営会社によってもこの扱いが違う場合はありますが、マンスリーマンションは一般的な賃貸のように2年ごとに契約更新をする必要はありません。月単位での貸し出しであり、さらに家賃は前払いとなっているので、家賃滞納が起きてしまうリスクがかなり低くなるというのが大きく関係します。

ただ、賃貸物件自体は一戸建てのタイプも存在していますが、集合住宅のタイプになっているものも少なくありません。この場合、入居している他の住人とのトラブルが起きてしまう可能性も出てきます。その際何かトラブルが起きてしまったり、水漏れなどの被害を起こしてしまった場合に、その弁済をおこなう人を用意しておかなければなりません。

したがってマンスリーマンション自体は手軽に入居できるような契約条件になっており、スピーディーに入居先を見つけることもできます。しかしときには住民同士のトラブルなどが起きてしまったりする場合もあるので、気になる人はどんな人が住んでいるかをチェックしておくほうが良いでしょう。

入居時の審査が必要ない物件も少なくありませんが、あえて入居時に審査を受ける必要があるマンスリーマンションを利用するといのも一つの方法です。

マンスリーマンションに入居する場合の注意点

現在利用者が多くなっているマンスリーマンションですが、実はこのサービス自体は結構前から用意されていました。ただ、実際にその物件を利用する人はある程度長期的な出張でその土地で過ごさなければならないサラリーマンなどが主な対象でした。

また家の建て替えなどのためにどうしても今住んでいる家では生活できない人が、建て替えが終わるまでの仮住まいとして利用していました。しかし現在では賃貸物件に入居する際の選択肢の一つとして、長期出張や仮住まい以外の目的で選ばれていることも少なくありません。

ただ通常の賃貸とは違い入居条件として保証人を用意したり敷金礼金を払ったりする必要はないのですが、いくつか気をつけておきたいポイントもあります。一言でマンスリーマンションといっても、実は定期借家契約で運営されている場合と、旅館業として運営されている場合があります。

また、家賃自体は一括で払う必要がある場合もあれば、1ヶ月ごとに払えば良い場合もあり、運営会社によってもこの支払い方法は違っており同じというわけではありません。さらに途中退去の場合も、支払った家賃を日割りで返してくれるところもあれば、すでに支払っている分は返金されない場合もあります。

したがって、手軽に入居できるのですが、退去時に関しての説明が不十分な場合も実はあります。したがってその物件に入居したいときは、必ずどのような条件の物件になっているのかを聞いておきましょう。そうすれば入居してからどうすれば良いかわからないと困ってしまう場合も少なくなります。

業者と交わした契約書はすぐに処分してしまうという人もいますが、そこにはいろいろな内容が書かれています。だから、そのマンスリーマンションに入居している間だけでも良いので、しっかりと契約書は残しておき、わかるところに保管しておくことをおすすめします。

また、入居の予約自体はだいたい1ヶ月くらい前からおこなえますが、今その物件に住んでいる人がいる場合、もしかしたらその人が契約の延長をしてしまうこともありえます。その場合は気に入った物件でも予約できないことになってしまうので、十分注意したほうが良いでしょう。

ただこのようにいろいろと注意しなければならないポイントは存在していますが、マンスリーマンションは基本的には好きな日数での契約が可能となっているところも少なくありません。もちろん入居に関しての初期費用もかなり抑えることができるので、賃貸物件を借りたい場合には利用するメリットが十分あると言って良いでしょう。

 

マンスリーマンションは1ヶ月単位で利用するタイプの賃貸マンションとなっており、一般の賃貸物件のように保証人などを用意しなくても入居できるようになっています。

また入居時の審査もほぼ不要となっているところもあるので、簡単に物件を見つけることは可能です。しかし契約条件自体はその物件を扱っている業者によって違っており、審査が不要となっているところもありますが、審査が必要というところも存在しています。したがって事前にどのような条件になっているかをしっかりチェックしておくようにするほうが良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
名古屋のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
グッドステイの画像
リブマックスの画像
レオパレス21の画像
記事一覧