名古屋でおすすめのマンスリーマンションや家具・家電付き賃貸業者を比較ランキング形式でご紹介!

【人事・総務必見】マンスリーマンションの便利な利用方法

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/24

長期の出張などの理由で社員が名古屋に滞在するとき、人事や総務を悩ませる問題の1つが宿泊費です。ホテルなどを利用すると、1週間滞在するだけである程度の額になってしまいます。そのような場合には、マンスリーマンションを利用するのも1つの手です。さまざまな利用方法があるので、状況に合わせて使っていくようにしましょう。

出張時に使えばホテルよりお得になる?

社員の名古屋への出張であれば、ホテルを利用するのでわざわざマンスリーマンションを借りるメリットは少ないと考える方も多くいるかもしれません。ですが価格面で比較してみても、期間にもよりますがある程度の違いが見られます。

例えば名古屋のホテルで1泊1万円の部屋を借りたとします。このとき1週間部屋を借りるのであれば、宿代で必要になるのが約7万円です。一方でマンスリーマンションを利用するのであれば、1週間でも3万5千円ほどで利用できるケースも見られます。

実際にどのくらいの費用が必要になるのかという点は、利用するホテルやマンションなどの選択肢によっても異なります。しかし人材を管理する人事や総務にとって、宿代を節約できるかというのは大切なポイントの1つです。

もちろん宿代以外のメリットも存在しているので、その点も含めたうえで利用方法について考えていくことも忘れないようにしましょう。さまざまな視点から総合的に考えていくことで、会社にとってより良い選択を検討していくことが可能になります。

セキュリティ面も整っているので安心!

時代の変化と共に、低価格で泊まることができる格安ホテルも増えてきています。出張にかかる経費を節約するのであれば、格安ホテルでも問題がないと考える方もいるでしょう。

確かに格安ホテルを利用することで、名古屋のマンスリーマンションと同等もしくはそれ以下の価格で泊まれる可能性もあります。しかし安さだけで判断せずに、社員が安心して宿泊できるかという点にも注目しましょう。

安さが売りのカプセルホテルなどの場合には、プライバシーやセキュリティなどの点で問題がある可能性もあります。寝る場所しか確保できていないので、ゆっくりと休める環境ではないと感じてしまうかもしれません。最低限のベッドしかない空間だと、1週間の滞在だとしたら自分のスペースが確保できずにストレスが溜まってしまうケースも見られます。

そこでマンスリーマンションを選ぶメリットの1つが、プライベートな空間を確保できるという点です。広い部屋に低価格で宿泊できるので、社員は自分の部屋のようにリラックスして落ち着いて過ごすことにもつながります。

家具や家電も揃っている環境でくつろげる!

1ヶ月や1年などの長期での単身赴任などがある場合、ホテルよりも賃貸物件を選ぼうと考えるケースもあるでしょう。ホテルに連泊するよりも賃貸物件を選んだほうが、広々とした空間で安く過ごすことが可能です。しかし賃貸物件などで注意が必要なのが、基本的に家具や家電は別に用意しなければならないという点です。

一方で名古屋のマンスリーマンションであれば、最初から家具や家電が用意されているケースが多くなっています。そのような物件を選ぶことによって、最低限の荷物で行ってもその日から生活をすることが可能です。

実際にどのような家具や家電が用意されているかは物件によって異なるので、契約前に書類をよく確認しておきましょう。また家具家電保険補償がついているなら、もしも故障してしまったときでも弁償の必要はなくなります。補償制度の有無も含めて、しっかりと確認しておきましょう。

インターネット環境なども含めて確認しておくことで、社員が過ごしやすい空間かチェックすることにつながります。さらにオプションで追加の家電を借りられるケースも見られます。

駅に近いので便利な物件が多いのもポイントの1つ

出張や単身赴任などに名古屋のマンスリーマンションが選ばれる理由の1つに、交通アクセスの良さがあげられます。仕事で行っているのだからこそ、職場までの交通アクセスが良いかどうかはポイントの1つです。

しかし駅の近くなどの条件が良いホテルなどの場合、相場が高くなってしまうこともあります。だからこそ駅の近くの物件に安く泊まれるというのは利用するメリットの1つです。

また利用方法には宿泊場所だけではなく、会議スペースにするという選択肢もあげられます。社内のオフィスが狭くて会議する場所も確保するのが難しいというケースも見られます。頻繁に会議を行うというケースなら、マンスリーマンションを借りてしまったほうが安上がりということもあるのです。

実際に会議などで活用するときにも、交通アクセスが良いかどうかはポイントの1つです。長期にわたって借りておくことで、プロジェクターなどを設置したままにできるというのもポイントの1つです。会社ごとの状況に合わせて、より良い形で活用できるようにしましょう。

社宅や寮として使われていることもある

出張や単身赴任の滞在先として活用されるだけではなく、利用方法には社宅や寮という選択肢もあげられます。さらに新入社員の研修期間中の宿泊施設にするなど、状況に合わせてさまざまな形で活用できるというのもポイントの1つです。

特に新入社員研修などで活用する場合、人数が多いのでホテルを用意するとかなりのコストがかかってしまう可能性もあります。その点マンスリーマンションであれば、ホテルに比べて安いだけではなく同じ物件内に複数の部屋を用意できるというメリットがあげられます。

また一般的な賃貸を社宅や寮にしようと思うと、ライフラインの開設の手続きや家具や家電の搬入作業などで済み始められるまでに手間も時間もかかります。ライフラインの開設が必要なく、家具や家電が備え付けられているというのも社宅や寮としての利用方法が注目されている理由の1つです。

不動産会社と法人契約という形になるので、社宅や寮の管理を自社で行わずに済むというのもポイントの1つです。必要な分だけ借りられるので、寮に空き室が出るということもありません。

名古屋でどのような物件がいいのか比較して選ぼう

名古屋でマンスリーマンションを借りるといっても、出張時の滞在先や社宅などさまざまな形で活用することが可能です。このときのポイントになるのが、名古屋のマンスリーマンションといってもさまざまな物件が存在しているという点です。そのため実際に利用を検討するときには、どのような物件が適しているのか比較することが大切です。

同じ名古屋にあるマンスリーマンションといっても、駅からの距離や物件の広さや設備などの点によって金額には違いが生まれます。また備え付けられている家具や家電、オプションで追加が可能なものなど総合的に判断するようにしましょう。

法人契約の場合であれば、通常よりもお得な金額で借りられることもあります。さまざまな視点から名古屋のマンスリーマンションについて考えていくことによって、より良い形で契約をすることにもつながります。

もしも選択肢で迷ったときには、評判を参考にするのも1つの手です。評判が高い業者から借りることで、より良い条件で契約を行える可能性が高くなります。

 

名古屋のマンスリーマンションのポイントの1つが、状況に合わせてさまざまな形で活用できるという点です。長期出張時の滞在先だけではなく、社宅や寮などの形で利用するのも1つの手です。最初から家具や家電が備え付けられているケースが多いので、契約したらすぐに暮らすことが可能です。ライフラインなどの開設も必要ありません。

おすすめ関連記事




サイト内検索
名古屋のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
グッドステイの画像
リブマックスの画像
レオパレス21の画像
記事一覧