名古屋でおすすめのマンスリーマンションや家具・家電付き賃貸業者を比較ランキング形式でご紹介!

総務や人事は必見!マンスリーマンションは法人契約できるって知ってる?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/31


マンスリーマンションは単身赴任や出張といったビジネスシーンでよく用いられていますが、社員が利用するときには立替払いにしていることも多いでしょう。しかし、法人として契約して利用することもできる物件もたくさんあります。法人契約をするとどのようなメリットがあるのでしょうか。

中期の場合にメリットが大きい滞在方法

社員が単身赴任をしたり出張をしたりするときには賃貸マンションを借りさせたり、ホテルを利用させたりするのが通例です。また、福利厚生として会社が社員に対して借り上げマンションを社宅として格安で利用できるようにしていることも少なくありません。

会社の命令による赴任や出張の場合には原則として宿泊費の全額を負担する形になっている場合が多く、社宅についても実際の賃料のほとんどを会社が経費で負担しているのが一般的です。このような住まいに関する経費が支出における大きな比重を占めていることも珍しくありません。

財政を緊縮しつつ、予算を立てられるようにするにはシーンに応じて適切な費用体系のサービスを利用するのが重要になります。単身赴任で賃貸マンションを借りさせるのはよくあるパターンで、数ヶ月から二、三年程度の滞在になるのが通例です。二年くらいの赴任期間になるなら生活基盤を整えるのは重要で、自分なりのライフスタイルに合った仕様の部屋にできる賃貸物件を使わせるのは社員にとっても魅力的でしょう。

しかし、二ヶ月の滞在という場合には家具や家電をそろえて生活が軌道に乗ってきた頃には退去しなければならなくなりがちです。かといってホテルに二ヶ月も滞在させると経費がかさんでしまうことは否めません。この際の解決策として有用なのがマンスリーマンションで、家具や家電などの生活の必需品は一通りそろっている物件に入居できます。

契約も数日から一日単位でできるケースが多いので、都合に合わせて借りやすいのもメリットです。料金についてもホテルより安く、賃貸マンションより高いというのが相場です。ホテル滞在のときのように入居したその日から仕事を始められるという点でもビジネスシーンに合っています。

長期になるとコスト面が問題になるのは確かですが、中期の滞在ならメリットが豊富な選択肢です。出張でホテルを使うというケースも多々ありますが、滞在期間が長くなるとコストがやはり問題になってしまいがちです。

一週間程度の滞在になるならマンスリーマンションを使ったほうがコスト削減になります。一泊あたりの費用は滞在期間の長さに応じて決められていて、一泊や二泊の場合にはホテルとあまり変わらない場合もあるでしょう。

また、クリーニング代も別に払うことになるため、滞在期間が長めのほうがコストパフォーマンスは高いのです。ホテルと違って部屋の清掃やベッドメイクはありませんが、炊事や洗濯ができるので中長期の滞在をしやすい環境が手に入ります。長めの出張のときにはマンスリーマンションを使わせるのは社員にとってもメリットがあるのです。

福利厚生のためにマンションを借り上げて提供するのは社員の帰属意識を高めるうえでも重要な方策ですが、コスト面や運用面を考えるとマンスリーマンションも使ったほうが良い場合もあります。何年も働いてくれる人を雇う場合には借り上げマンションで問題ありませんが、イベントや販促などのために一時的に人材を確保するときにはあまり便利ではありません。

一ヶ月から半年くらいのスパンで働く予定の人にも住まいに関する手当てをしようと考えたらマンスリーマンションはコストパフォーマンスが高い選択肢です。日割りで必要数だけ部屋を確保できるので、臨時雇用する社員の希望に応じた物件の提供ができ、必要以上のコストもかけなくて済みます。

このようにシーンによってはマンスリーマンションを使うとコスト削減になり、社員の満足度も高まります。積極的な運用をしていくうえでは法人契約も検討してみましょう。

法人契約をするメリットとは何か

法人契約をして運用すると平たく言ってしまえばコスト削減ができます。これは現金として出て行く分を減らせるという観点だけでなく、会社にとって貴重な労働力を無駄遣いしないシステムを整えられるという観点からも意味がある方法です。

法人契約をしない場合には単身赴任や出張などのときに社員が自分で契約をして立替払いをしなければなりません。出張先に応じて物件を探し、費用的に会社が支払ってくれるかを考え、内見に行ってこの物件で良いかを検討する必要が生じます。

このような負担を強いることになってしまうのに対し、出張先のエリアごとに法人契約した場所があれば社員が探す必要がありません。手配についても経費支払にできるので社員に立替払いをしてもらう必要もないでしょう。

基本的には一括の前払いになるので数十万円という単位で負担を強いなければならない場合もあります。経費で処理できてしまえば一時的にとはいえ大きな出費をしなくて済むので社員の満足度も高まるでしょう。

複数の人が出張するようなケースならひとまとめにして経費で部屋を確保できるので手続きもスムーズです。後からどのような経費がかかったかを参照するときにもわかりやすいので経理や税務の負担も軽減できます。

このような労力負担を減らせることに加え、業者によっては割引価格で利用できる仕組みになっている場合もあります。個人相手の場合とは料金体系を変えてあり、一泊あたりの費用が安くなることも多いのです。

継続的に利用することや一定期間内に一定以上の宿泊することなどが条件になっていることもありますが、頻繁に利用するエリアなら条件を満たすのはそれほど難しいことではありません。手配をするときにも書面の量を減らすことができるので、名古屋が本社や支社、共同開発先の近くなどであればメリットが大きいでしょう。

名古屋での使い道をよく考えてみよう

名古屋ではマンスリーマンションが名古屋駅付近だけでなく、主要駅の周辺にもたくさんあります。賃貸マンションはたくさんあっても、ホテルは名古屋駅や栄駅の周辺にしかほとんどないのが名古屋の特徴です。

その観点からも出張先や赴任先としてよく利用するならマンスリーマンションの法人契約をしておくと便利です。郊外で仕事をするときにも近くに居所を構えることができるので効率的に仕事に勤しめる環境を整えられるでしょう。

たった数日の滞在でもホテルより安いところもあるので、原則としてホテルを使わないといった運用をすることもできます。また、名古屋にオフィスがあるなら社宅として提供するのも効果的です。

名古屋では築年数の古いマンションを郊外で借りるのは安いですが、新しいマンションを名古屋駅や栄駅などで借りようとするとかなり高めになっています。借り上げで提供するよりも必要数をマンスリーで手配したほうが安上がりになる可能性も十分にあるのです。

 

名古屋ではマンスリーマンションの相場が比較的安く、郊外でも主要駅の近くになら物件があるので利便性も高くなっています。数ヶ月程度の中期の単身赴任や一週間以上になるような長めの出張のときにはコストパフォーマンスが高い選択肢になるでしょう。

法人契約をすると手配のための労力負担を軽減できるだけでなく、一括して経理支払をするフローを作れるので経理が明確になります。割引になるケースもあるので法人契約を前向きに検討しましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
名古屋のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
グッドステイの画像
リブマックスの画像
レオパレス21の画像
記事一覧