名古屋でおすすめのマンスリーマンションや家具・家電付き賃貸業者を比較ランキング形式でご紹介!

出張や研修など経費削減におすすめなマンスリーマンション

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/27

マンスリーマンションを利用する方が最近増えてきています。これは東京や大阪、福岡や名古屋など大都市や工業都市部で短期的に生活環境を必要とする人の需要があるからで、実際に知っておくと非常に便利な側面があります。今回はこのマンスリーマンションについて、注意点や必ずチェックしておきたい内容となっています。

利用用途をまずは考えてみましょう

マンスリーマンションのまず何が良いかという話ですが、まず第一に短期で利用するうえでは非常に安価であるということです。その地域の物価や治安やその他の経済状況にもよりますが、出張や研修などで数か月の生活空間を必要とする場合には、ビジネスホテルという選択肢もなくはないですが、数か月単位で計算していくと、明らかにその額は差が出ます。

ビジネスホテルであれば、いいこととしてルームサービスがあることや、立地条件が旅行者や短期のビジネスマンに向けてあるので、東京・大阪・名古屋などの都市部は当然のことながら、地方で合っても交通の便が良いことが一般的ですが、逆にいえば人の往来が激しく静かな場所というのはまず見込めません。

研修で慣れないことをして疲れているとか、長期出張で数か月生活することを考えたら、短期的な交通の便よりも静かさとか安価であることの方が、あと後になってくると重要性が増してきます。それに加え他のマンスリーマンション利用者も似た条件で着ているので、ホテルのように出入りが激しい場よりもトラブルが起こりにくいというのも利点でしょう。

おさえておきたいビジネスホテルとの比較

マンスリーマンションとビジネスホテルの最大の違いは立地条件にあると言えます。これは先ほども言った通り、ビジネスホテルは数日程度の超短期利用者も想定に置いているので、基本的にコンビニであったり、近くに飲食店や駅、高速道路の出入り口など基本的にものが充実しています。

これは一見するとすごく有益なことに思えて、多少価格が高くなるのもそれならと思いがちですが、人が多いということは確実に車やそのほかの動きも多く、いざ休日となって出歩こうと思うときに意外と不便だったりします。

逆にマンスリーで駐車場などが付いている場所だと、出入りが楽で渋滞も少ないから楽ということもありますし、自分の車をお持ちという方は都市部のビジネスホテルだと駐車場代も結構な額になったりするので、その辺りはマンスリーとビジネスホテルとどちらがいいというよりは、個別にどういう契約内容や支払い方法をとっているかということを調べて置く必要があります。

特に、東京や大阪は車とか考えなくても問題ありませんが、札幌や福岡、名古屋などくらいの規模だと車はあったほうが便利ということも多くありますので、駐車場の存在は経費に大きくかかわる案件と言えます。

スペース収納の有無や冷蔵庫などの設備

ビジネスホテルと比較することが多くはなりますが、何よりも大きく違う上に、見落としガチなのが収納スペース関係の話です。ビジネスホテルは何度もいう様に超短期の客層を相手にするために、特化していてクローゼットなどは殆どありません。

大抵は部屋の入口付近に少しのハンガーラックがあることがほとんどであり、1・2日だけ服を置いておければいいという考えの下で設計がなされているので、十分な量の衣服を収納しておくスペースは確保されていないことがほとんどで、逆にマンスリーマンションの場合、もちろん個別差はありますが、大小の差はあってもクローゼットをはじめとした収納スペースが付いていたり、大きな冷蔵庫や最近だと電子レンジが部屋に備え付けで置いてあるケースもあります。

服の保管に関しては、最悪収納ケースやバッグを持ち込んだりしてうまくやりくりできるとしても、数か月の生活で大き目な冷蔵庫や電子レンジがあるというのは、一人暮らしを経験したことがある人だとわかりますが、現代社会レンジ一つあれば一人暮らしでの食費をかなり節約できます。これも経費削減するポイントとして大きく影響するところです。

掃除と休日の過ごし方などに関すること

ビジネスホテルにおいて一番有利な点は、掃除の観点です。これは当然ほかのお客様と合わせてルームサービスが入って毎日掃除をしてくれるので、掃除が苦手という人にとっては非常にありがたいサービスであり、自分でごみを取りまとめたり布団を直してもらったりしてもらえるのはありがたいサービスで、この点に関してはやはり値段の差に応じて得な部分も存在します。

とはいえ、ビジネスホテルの掃除はとても便利である反面で、いささか厄介な点もあります。当然見ず知らずの他者が入ることになりますので、貴重品を置いておけばトラブルが起こる可能性は十分に考えられますし、そこまで清掃員を疑わないにしても清潔さを保つ意味で二日続けた清掃のお断りはできませんなどという注釈がされているホテルもあり、逆にいえば休日が2・3日続く場合には清掃員が入る10時前後から15時前後までの時間を必ず一度か二度は外出して過ごさなくてはなりません。

それが数か月単位で、毎週となれば必ずとは言わずもがな外出先で遊ぶ費用が出てきますし、今日は疲れて休みたいという日もあるはずです。そういうところの融通が利くかどうかも、気にしなくてよいのはマンスリーの良い点と言えます。

そこで生活するという考え持った立地選び

ここまでは比較対象をもって良い点を多く考えてきましたが、ここからは抑えておかねばならない注意点などを見ていきます。まず第一に立地条件の話です。これは当然東京くらいの大都市になれば、歩いて数分もするとコンビニだったり、駅が存在しているのが普通で、ほとんど大きな支障がありません。

でも福岡や名古屋、札幌ならどうだとか、さらにさらに人口規模の小さい地方圏となるとどうかということを考えていくと数か月とはいえそこで生活をする場になります。安価だからと安易に選んだせいで徒歩数時間しないと駅がないのでは、車がないと話にならなくなってしまいますし、研修などで利用する場合には研修先との交通の便がどうとれるかという話にもなります。

毎日電車で通う様になれば、その往復経費も入れた状態で値段を計算しなくてはなりません。  せっかく短期でマンスリーマンションを借りるのなら、できるだけ近くでゆっくりと朝も余裕をもって行動できるくらいが、研修や出張などの慣れない仕事環境で過ごす上では自分へのストレスを軽減する重要な要因になります。

契約内容の確認を怠った場合の落とし穴

マンスリーマンションは一時とはいえ、住宅の借家を契約するのとほぼ同じことになります。非常に短期間であり、数か月から半年くらいの契約内容であるがゆえに価格を抑えることができる反面で、非常に大きな落とし穴として、原状復旧の話があります。これはマンスリーマンションを利用する際の、傷や汚れに関する話で、人が生活するうえで必ず汚れは付きます。

当然、これを復旧しないことにはマンションの持ち主は次の相手との契約ができませんし、傷などで部屋の利用そのものに支障が出れば傷をつけた利用者との交渉でどちらが負担するかという話になります。  この時に重要になってくるのが、最初の契約段階での内容です。

原状復旧が全部大家側の負担となる場合には大抵入居時の額や契約時の額面が大きくなるはずですし、逆に契約時の額面が小さいと感じた場合には、原状復旧関係の話が全部利用者持ちになっているケースもなくはありません。マンスリーマンションは安価で経費削減になりますが、その分だけこういった契約内容でどこまでを自己負担しなくてはならないのか、ということは知らずに利用すると大きな落とし穴を踏むことがありますので、ご注意ください。

 

マンスリーマンションも出張や研修といった、数か月単位の生活空間を必要とするような就職前研修などで都市部に一時的に素みたい人の為に需要が多くなっています。それに伴い選択幅が広がる一方で、知らずに大きな落とし穴にはまったという話もありますので、ご利用の前には立地条件や契約内容をしっかりと熟読して抑えるべき点を留意してご利用ください。

おすすめ関連記事




サイト内検索
名古屋のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
グッドステイの画像
リブマックスの画像
レオパレス21の画像
記事一覧