名古屋でおすすめのマンスリーマンションや家具・家電付き賃貸業者を比較ランキング形式でご紹介!

契約期間の延長ってできるの?何日間から延長可能なの?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/09

基本的にマンスリーマンションは1ヶ月単位で利用するタイプの物件となっているので、長期間利用することを前提としているわけではありません。ただその人の利用目的によっては、もう少し長くそこに住みたいという場合もあるのではないでしょうか。

では、実際にそのようにもう少しだけそこで住みたい場合、利用期間の延長ができるのでしょうか。

一般的な賃貸物件との大きな違い

一般的な賃貸物件の場合、入居の契約を結べば、あとは退去の申し出をしない限りそこで暮らし続けることはできます。ただ何も手続きもなく暮らし続けるわけではなく2年に1回など、定期的な契約更新が必要となります。もちろんその場合は業者の方に出向いて手続きをしたり 、契約更新の手数料が発生したりすることも理解しておきましょう。

ただ、マンスリーマンションは一般的な賃貸とは違い、そもそもいつまでも利用し続ける前提で用意されている物件ではありません。だから契約更新の手続きが必要というわけではなく、利用期限を迎えたら待機するスタイルになっています。

このように、一般的な賃貸物件とは違っているのですが、その人の利用目的によってはもう少し長くそこに住みたくなることも十分あり得ます。その場合は、業者の方に連絡をすればそのままその部屋で暮らし続けることができる可能性もあります。

つまり期間の延長を希望した場合、そのときの条件によっては希望通りもう少しの間その物件で暮らし続けることができるというわけです。

マンスリーマンションの期間延長

マンスリーマンションを利用する場合は1ヶ月、2ヶ月といった月単位で利用するのが一般的です。しかし現在ではいろいろなサービスが展開されており、数日からでも利用できるというところも決して珍しくありません。

確かに一般的な賃貸物件に比べると少々家賃が高めになりますが、敷金礼金が必要なく、保証人なども用意しなくても良い場合が多いので手軽に利用できるといって利用者は増えている状態です。また利用目的も長期出張のためという人もいれば、いろいろなところで生活をしたい、頻繁に引っ越したいという人もいるでしょう。

また家を建て直すための仮の住まいとして利用したいという人も少なくありませんが、その利用目的によっても利用期間は大きく違っています。したがって、業者の方としてはもしかしたら利用者の方が期間延長の申請をしてくるかもしれないということから、次の入居者を募集していないということもあり得ます。

ただ、通常は空室になっているとそれだけ家賃収入を期待できないので、現時点で入居者がいたとしても次の入居者を募集しています。そして次にその部屋で暮らす人が決まれば、どれだけ期間を延長してもらいたいと申請したとしてもその願いを聞いてもらうことはできません。

この場合は今住んでいる物件に近いところで、さらに設備なども似ている物件が紹介される形がとられる場合もあります。ただこのように期間延長に関する扱いは業者によっても違っており、どこでも同じようなサービスがあらかじめ用意されているわけではありません。したがってまずは自分が入居している物件ではどのような扱いになっているかを調べておくようにしましょう。

また物件によっては次の入居者が決まっていなければどのタイミングで申請しても良いとしているところもありますが、そうではないところもあります。

例えば契約満了日の14日前に手続きをしなければ、そのままそこで暮らすことはできない、申し出を受け付けることはできないというところもあります。その場合、一旦契約が終わってしまうので、同じ部屋が空いているなら同じ部屋、空いていないのであれば別の部屋で再度契約をしなければならなくなります。

さらに受け付ける日数は業者によっても違っているので、まずは契約書をチェックしましょう。また次の入居者は契約満了日が近づけば近づくほど募集される確率が高くなり、さらに入居者がすでに決まっている確率も高くなります。

したがってもしそのままその部屋で暮らしたい場合は、なるべく早い段階で業者の方に申し出て契約手続きをしておきましょう。

マンスリーマンションの期間延長は何日から

通常、マンスリーマンションは利用期間の延長ができるようになっており、自分の次に入居したいという人がいなければ今の部屋をそのまま借り続けることもできます。

ただ、実際にはあと何日借りられるようになるのかというのは、その業者によっても違うので注意しましょう。ある会社は最低でも2週間以上でなければ受け付けられないとなっていますが、ある会社は1週間で良いとしている場合もあるからです。したがって、延長したいときは一体何日から受け付けてもらえるかということも、あらかじめ調べておくようにすると良いでしょう。

また、その物件のスタイルによっては、契約の延長自体ができないということになっている場合もあります。ただこれは一般的な賃貸物件のように契約の更新手続きができないだけで、そのままその部屋を借り続けられないというわけではありません。

更新手続きはできませんが、再契約という形でその部屋を借り続けることは十分できるようになっているからです。ただ契約をもう1回結び直すというわけなので、前回契約をしたときと同じように手続きをおこなう必要があります。またその際は手数料も発生することになっているので、その点には十分気をつけると良いでしょう。

ただ、人気物件の場合はそこで住みたいという人が少なくないので、結構早い段階で次の入居者が決まっている場合もあります。したがって次の入居者がいる場合、延長してもらいたくても対応してもらえないことになります。

さらに再々契約ということももちろん可能ですが、条件などはその物件によっても違うので、しっかりと契約書を見て判断しましょう。特にマンスリーマンションは基本的に決まった期間だけを過ごす物件となっており、入居契約のときの説明が不十分だという可能性も否定できません。

したがって、契約書を見てわからない点がある場合は、必ず業者の方に問い合わせをしておきましょう。ちなみに、かなり長期になるというのがあらかじめわかっている場合は、マンスリーマンションではなく一般的な賃貸マンションのほうがリーズナブルに利用できる可能性もあります。

これは両者で家賃がかなり違っているということが大きく関係しているので十分気をつけると良いでしょう。ただ、長期滞在を前提としている物件というわけではありませんが、1年間でもそこで暮らし続けることはできます。しかし住民票を移すことはできないため、そういう点もよく考慮して契約を延長するかどうか決めましょう。

 

マンスリーマンションはその名のとおり、1ヶ月単位で利用するスタイルの賃貸マンションとなっています。しかし利用期間はその会社によっても違い、数日からでも利用できるところは珍しくありません。

さらに契約満了日までに退去する必要がありますが、その契約期間を最初よりも長くすることはできます。この場合、業者によっても扱いが違っており、1週間でも良いところもあれば、2週間以上でなければならないというところもあります。

この場合は契約更新ではなく、再契約を結ぶ形でしか今の部屋の利用期間を長くすることはできません。したがってマンスリーマンションの利用期間を長くしたい場合は、再契約の手続きをし、その際は手数料が発生する場合も多々あります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
名古屋のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
グッドステイの画像
リブマックスの画像
レオパレス21の画像
記事一覧