名古屋でおすすめのマンスリーマンションや家具・家電付き賃貸業者を比較ランキング形式でご紹介!

建て替えやリフォーム時におすすめ!ファミリータイプのマンスリー

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/02

マンスリーマンションは1ヶ月単位で利用するタイプのマンションで、すでに家具や家電は用意されています。そのため、引越し費用を節約したい人などにも注目を集めており、利用者は増えています。

ただマンスリーマンション自体は単身で利用するイメージがあるかもしれませんが、その物件のタイプによっては複数の人で利用することができます。

建て替えやリフォームは時間がかかる

家はどうしても築年数が経過するとともに老朽化していくので、定期的な手入れが必要となってきます。またそこで暮らす人の状況によっては、大規模な修繕が必要となることもあります。

もちろん小規模なリフォームであればそこで生活しながらでも作業を進めてもらうことは可能ですが、大規模なものとなると話しは別です。効率的に作業を進めるためにも、まずは別に暮らすところを探し、その後空き家の状態にしてから作業を進めてもらわなければなりません。

その場合、ファミリータイプのマンスリーマンションであれば、家族全員でそこで暮らすことができます。もちろん家具や家電はそろっているので、今まで住んでいた家にそれらを残したまま、衣服や食器類など最低限のものを運んで住んでもなんら問題はありません。

また家の建て替えの場合は、家の中に何も残っていない状態にしなければなりません。もちろん建て替えが完了するまではそこで暮らすこともできないので、荷物を置く場所と工事期間済む場所を用意する必要があります。その場合もファミリー向けのマンスリーマンションであれば、家族全員でそこで暮らすことができます。

ただ自分たちの家具とかをその借りているところに運び込むことはできますが、すでに家具家電が付いている場合、荷物が入りきらない可能性も出てきます。そんな場合は無理に部屋の方に荷物を運び込むのではなく、衣服や調理器具、食器など生活していくうえで必要なものだけを運び込むと良いでしょう。

また運べなかったものに関しては、レンタル倉庫などに入れておけばなんら問題はありません。

ファミリータイプの物件を利用するメリット

リフォームをする場合は、そのリフォームの箇所、さらに規模によって工事期間が大きく変わってきます。ただ、1ヶ月以上かかってしまうことも決して珍しくないので、その間に住む場所を探さなければなりません。

また家の建て直しの場合、まずは今建っている家を壊し、その後建て直しと進んで行きますが、その家のサイズによっては完成までの時間がかなりかかってしまう可能性もあります。目安としてはだいたい10坪1ヶ月程度と考えておくと、住宅を建てるまでの時間がどれくらい必要か分かります。

もちろんその間に通常の賃貸の物件を探してそこに住むということも決してできないわけではありません。しかし賃貸物件の場合は敷金礼金が必要となることも多く、案外引越し費用が高額になってしまう場合もあります。

しかしマンスリーマンションを利用すれば、通常の賃貸のように敷金礼金が必要となるわけではありません。さらに最初から家具や家電が付いている状態なので、引越しの荷物をわざわざその部屋まで運び込まなくても十分生活できます。だから、実は引越し費用を最小限に抑えることができるというメリットも、マンスリーマンションには存在しています。

また、賃貸を利用するときは電気やガスの手配なども自分たちでおこなわなければならないことになっています。しかしマンスリーのタイプであれば、そのような手続きをする必要もなく、その部屋の契約期間に突入すれば電気ガス水道を利用して生活できる状態に準備されています。

さまざまな手続きを細かくする必要もないし、何より賃貸物件を借りるときのように連帯保証人とかを用意する必要もありません。だから、通常の生活賃貸を借りるときよりももっと気軽に部屋を借りて、そこで暮らすことができるようになっています。

また現在ではさまざまなタイプのものが用意されており、小さなお子さんでも生活できるところもあれば、ペットが一緒でも良いというところもあります。しかしまだまだその条件が細かく設定されている場合もあるので、部屋を探しているときは自分たちの条件にあっているところを探すようにしましょう。

この場合、業者に条件を伝えれば、自分たちの希望する物件を紹介してもらうことは十分可能です。またマンスリーマンションでの生活に対して不安がある場合も、忘れずに業者にいろいろと聞いておくようにすると安心です。

実際に住むときに知っておきたいポイント

ファミリータイプのマンスリーマンションは、基本的には1ヶ月単位で生活することになっている物件です。しかし、実際にリフォームをする場合は1ヶ月も家を空けなくても良い場合もあるのではないでしょうか。

また家の建て直しに関しても、1ヶ月単位ではなく、数ヶ月と数週間で完了することもあるでしょう。そんな場合、月単位でしか利用できない物件では損してしまうのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実際にはそのような心配は不要です。現在用意されているマンスリーマンションは利用者にとって非常に便利な条件となっている場合が多く、マンスリーといっても1日単位で利用することも可能だからです。

またそこで暮らす場合は人数分の利用料金を払うことになりますが、物件によっては年齢制限が設けられているところもあります。例えば赤ちゃんから4歳までであれば無料となっているところもあれば、何歳でも一人とカウントして有料というところもあります。

だから、家賃をできるだけ節約したいという場合、お子さんがいるならその子の人数をカウントするかどうかをしっかりと調べておきましょう。また、実際に物件で生活をする場合、今ある部屋の家具、家電の配置では少々生活が不便だということもあるのではないでしょうか。

特に自分たちの持っている家具などを持ち込んだ場合、どうしても部屋が狭くなってしまう可能性もあります。その場合は備え付けてあるものを移動させて生活しやすい状態にしたとしても問題はありません。

しかし退去するときは入居するときの状態に戻しておくというのが、入居に関するルールとなっています。なので、家具や家電を動かした場合は、必ず退去のときに元の場所に戻しておくようにしましょう。

もし置かれていた場所がわからなくなってしまいそうだというときは、あらかじめ部屋の様子をデジカメやスマートフォンで撮影しておくことをおすすめします。そうして記録として残しておけば、あとは退去時にその画像に残されている状態に戻すだけで良いからです。

また、契約するときよりもリフォームや建て替えの工事期間が延長してしまう場合は、なるべく早い段階で運営会社の方に部屋の利用期間延長の手続きを申し出ておきましょう。連絡するのが遅くなってしまうと次にそこに住む人が決まってしまい、結果的に別の物件に移らなければならなくなる可能性があるからです。

 

マンスリーマンションは単身向けだけでなく、ファミリー向けのものも用意されているので、建て替えやリフォームのときにも利用できます。もちろん家具や家電が用意されているので、わざわざ何かを運び込まなくてもそこでの生活を始めることは可能です。

また荷物を持ち込んでもよく、さらに備え付けられている家具家電を動かしたとしても、退去時に元にもどせば問題はありません。利用の際はそこに住む人の人数分の利用料金を払うことになりますが、その際、運営会社によってはお子さんの利用に関するルールが違っていることがあります。

例えば赤ちゃんから4歳までは無料で、それ以上の年齢の場合は大人と同じ料金を請求するなどです。またマンスリーと言われていますが 、1日単位でも利用できるところも多く用意されているので、家族連れにも非常に使い勝手の良い賃貸物件といえます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
名古屋のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
グッドステイの画像
リブマックスの画像
レオパレス21の画像
記事一覧