名古屋でおすすめのマンスリーマンションや家具・家電付き賃貸業者を比較ランキング形式でご紹介!

出張での利用が増えているマンスリーマンションを徹底調査!

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/20


名古屋には、さまざまな賃貸物件があります。その中で最近注目されているのはマンスリーマンションです。マンスリーマンションを利用する人はさまざまな目的がありますが、その中で会社の出張時に利用する人が増えている傾向が見受けられます。では、このマンションにはいったいどのような特徴があるのでしょうか。

必要最小限の荷物で引っ越しが可能

マンスリーマンションの大きな特徴の一つが、引っ越しをするときに荷物があまり必要ないことです。例えば、通常の賃貸住宅の場合には家電や家具などはすべて自分たちで持ち込まなければいけませんでした。通常の賃貸住宅は、初めから家具や家電などが付いていることはまずありません。

ところが、マンスリーの場合には初めから家具や家電などが付いています。代表的な家電で言えば、冷蔵庫や電子レンジ、ドライヤーなどです。それ以外にも、生活に必要な家電がおおむね取りそろえられています。

一方で、家具に関してもさまざまな種類のものがあります。例えば、生活に必要なタンスや食器棚もそろえられておりそのままそこで生活できるのが大きな魅力といえるでしょう。まるで、ホテルのシングルルームのような感じと考えておけばよいです。ホテルとの違いは、フロントに受け付けの人がいるかいないかの違いがないかもしれません。

このような特徴を見ていくと、単にそこに長期的に進むだけでなく 1か月程度滞在する出張の場合でも利用することが十分可能になります。従来出張している場合には、マンションを借りるようなことはなくたいていの場合ビジネスホテルのシングルルームに滞在していたでしょう。あるいは、その施設に宿泊するところがあればそこを借りていたかもしれません。ですが、今後はマンスリーのマンションを借りることですべて済んでしまうことになります。

問題は、どれぐらいの期間借りることができるかですが、マンスリーの場合は名前の通りひと月単位の契約になっているのが特徴です。そのため、3週間以上の長期出張の場合にはこのマンションを利用することで費用を安く済ませることは可能になります。

ホテルの場合は、一泊当たり5,000円と考えても 3週間滞在すると10万円を超えてしまいかねません。そうすると、会社にとっても大きな経費になってしまいますですが、マンスリーマンションの場合にはひと月単位で賃料が決まってきます。賃料は場所によっても変わってくるところですが、毎月ワンルームマンションでそこまで大きな部屋でなければ6万円から7万円ぐらいになるでしょう。名古屋の中でも駅からそれほど近くなければ5万円台のマンションも少なくありません。

このように、かかる費用などを考えてもビジネスホテルを利用するよりもはるかに利用しやすいといえます。ちなみに、部屋の中にないものでも、オプションとして後から付け加えることも可能になります。例えば、部屋の中にテレビが置いてあるようなところも少なくありませんが、DVDなどを見たい場合にはDVDレコーダーなどを貸してくれるところもあるわけです。そうすると、かなり至れり尽くせりな生活を送ることが可能になります。

入居審査があまり厳しくないことも魅力

マンスリーマンションの魅力の一つは、入居審査があまり厳しくないことです。通常の賃貸マンションを借りる場合は、入居するときにさまざまな審査があります。

例えば、まず連帯保証人を用意しなければいけません。連帯保証人を用意することで、予約賃貸物件を借りることができるわけです。連帯保証人になってくれる人はたいてい身内になりますので、身内の中で連帯保証人になれる人を探さなければいけない点は、大きな手間とハードルになるでしょう。

会社で借りる場合には、会社の方が保証人になってくれますのでそれほどハードルは高くありませんが審査などをしなければならないためその分時間がかかってしまいます。特に急な出張の場合にはわざわざ連帯保証人になりその審査に時間をかけている場合ではりません。会社によっては、出張が決まってから三日間程度しか時間がないようなこともあるでしょう。そんなときに、数日間審査に時間をかけていると出張の時期が終わってしまいます。

この点マンスリーマンションの場合には、基本的に身元確認さえあれば問題ありません。出張で利用するときに借りる場合には、通常会社のほうで身分証明をしてくれますので個人的に何もする必要はないです。そのため、本人の負担もほぼないといってよいでしょう。

また、会社の負担も身分証明を見せるだけですのでほとんど負担になりません。直接現地に持って行かなくても、FAXやメールなどで身分証明に関する書類を送信すれば済んでしまう話です。しかも最近は、身分証明書が不要なマンションもありますので、もしすべての面倒な手続きをなくしたいと考えるならばそのようなところを借りるのも良いかもしれないです。

次に、利便性の点で言えばインターネットが完備されている部屋が多いのも大きな魅力になります。最近は、会社の仕事においてもインターネットを利用することが増えてきています。インターネットを利用することで、さまざまな仕事ができるようになるわけですが、これがもし接続されていないとすればWi-Fiなどを持ち歩かなければいけません。

ですが、最初からインターネットが使えるような建物の場合には、パソコン一台だけ持っていくことですべての用事が済んでしまいます。このようなメリットを考えれば、やはりマンスリーのマンションは出張時に使いやすいといえるでしょう。

電気やガスなどの手続きが必要ない

通常の賃貸物件の場合には、入居するときに電気やガスそして水道の美容に関する手続きが必要でした。たとえ1か月間だけ物件を借りる場合でも電気やガスそして水道代の手続きをしなければそもそも使うことができなかったわけです。

ところが、マンスリーマンションの場合にはわざわざそれらの手続きをする必要はありません。たとえるならば、ビジネスホテルと同じような感じで最初から電気やガスそして水道を利用することができるわけです。

料金も固定されているのが大きな魅力と言えます。どれを利用しても、1日当たりおよそ800円程度の請求しか来ないのが特徴になります。1カ月に換算すると、24,000円ぐらいになるのが相場といえるでしょう。これらは、通常賃料に含まれていますので、賃料以外に請求されることはありません。

例えば、賃料が6万円だった場合には、それに加えて24,000円を請求があるわけではないということです。そうだとすれば、電気代や水道代などを気にせずに生活をすることができます。もちろん、無料だからといって無駄に使ってはいけません。だれもが無料だからといって無駄に使ってしまうと今後支払う料金が増えてしまう可能性があります。

 

会社の出張といっても、1か月近く滞在しなければならない場合もあります。このような場合には、マンスリーマンションを利用すると良いでしょう。その魅力を見ていくと、一つは大掛かりな引っ越しをしなくてよいことです。

賃貸住宅などを借りる場合には、家具や家電などを持ち込まなければいけませんでした。ですが、マンスリーマンションの場合にはそのような手間は一切必要ありません。なぜなら、最初から家電や家具が配置されているからです。

また、入居の審査があまり厳しくないことも魅力になるでしょう。さらには、電気代やガス代、そして水道代などは固定されていますので、ある程度たくさん使っても後からたくさん請求されるわけではありません。

おすすめ関連記事




サイト内検索
名古屋のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
グッドステイの画像
リブマックスの画像
レオパレス21の画像
記事一覧