名古屋でおすすめのマンスリーマンションや家具・家電付き賃貸業者を比較ランキング形式でご紹介!

途中解約は可能?マンスリーマンションを中途退去する際の注意点

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/02

マンスリーマンションは1ヶ月単位で借りるものが一般的でしたが、現在ではいろいろなタイプがあり1日単位でも利用できるようになってきています。

そんな便利なマンスリーマンションですが、実際に利用する場合に途中解約したくなったらどうすれば良いでしょうか。そもそも契約途中で解約することは、ルール上可能となっているのでしょうか。

 

契約期間を決めて入居するマンスリーマンション

基本的にマンスリーマンションは1ヶ月単位など、利用する期間を決めてから入居するスタイルとなっています。その期間中は業者とその部屋の利用契約を結んでいる状態なので、契約者であればその部屋で寝泊まりすることは可能です。

また契約期間を過ぎてもその部屋を利用したい場合、状況にもよりますが利用期間の延長が可能な場合も珍しくありません。ただ、契約期間を設定しても、その途中でどうしても退去しなければならない事態に陥ってしまう可能性もあります。

その場合、当初の予定を切り上げて途中解約の手続きをおこなわなければならないので注意しましょう。ただ、途中解約をする場合、マンスリーマンションならではの注意点があるので、その点には十分気をつけましょう。

一般的な賃貸物件の場合、マンションでもアパートでも一戸建てでも、契約期間の途中で退去となる場合は途中解約の手続きを取るだけで済みます。もちろんその際は契約内容によっては違約金が発生することもありますが、そのお金を払えば、あとの手続きは簡単に進みます。

またこの際は、通常は退去したい日の1ヶ月前には管理会社などに伝えれば、あとはその期日に合わせて手続きや立会い検査などをおこなえば大丈夫です。

あとは違約金や1ヶ月分の家賃を払えば問題ないので、基本的にトラブルに発展することはなくスムーズに退去できます。マンスリーマンションは通常の賃貸物件とは違い、利用期間がかなり短めに設定されている場合も少なくありません。

だから、運営会社の方としては、当初の予定通り退去しても、その半分の期間で待機しても、契約時に決めた家賃を払ってくれれば何も問題なく手続きが完了できます。

しかし実際には少なからず家賃に関するトラブルが発生してしまっているケースもあるのをご存知でしょうか。利用者の側としては、家賃を前払いしているので、自分が待機したあとの家賃もすでに払った状態になっています。1ヶ月分払ったのに、実際にそこに住む期間が2週間だったら、そこで生活した分の倍の家賃を払っていることになります。

そのため、借主が契約途中で解約する場合、残っている契約期間分の家賃を返金してほしいと請求する場合があるのです。その場合の対応は業者によっても違っており、返金に応じる場合もあれば、全く応じてくれない場合もあります。

この対応に関しては業者によっても違っているので、以前利用した物件では返金してもらえても、今度利用する物件で返金してもらえるとは限りません。したがって、契約する際はもしかしたら途中で退去することになるかもしれないと考えて、その際の手続き、家賃の扱いなどを聞いておきましょう。

 

退去するときに知っておきたいこと

マンスリーマンションは契約期間の途中で退去することもできるようになっていますが、家賃などお金に関してのトラブルが発生してしまう可能性があるので注意しましょう。

まず一つは、途中で解約したからと言って、最初に払った家賃が戻ってこない可能性が十分あるということです。一般的にはマンスリーマンションは契約時にその利用期間分の家賃を先払いして利用するスタイルが多くなっています。

ただ、途中で解約となると、自分が住んでいない分の家賃も払ってしまっている状態になるので、返金を求める人も珍しくありません。その際、返金に応じてもらえない可能性もあるので、その点をよく理解しておくと良いでしょう。

また長期利用の場合、その期間によっては業者が設定している特典を利用できることもあり得ますが、途中解約となるとその特典の対象とならない可能性も出てきます。その際は解約時に特典として得た分のお金が請求される可能性もあるので、その点をよく理解しておきましょう。

今まで利用している人が退去する場合、賃貸物件ではクリーニングをするようになっています。その費用自体は管理会社の方が負担するのではなく、それまで入居していた人が負担する形です。また入居していた期間が長いかどうかでクリーニングするかどうかが変わるわけではありません。

だから、ごくわずかな期間しかその部屋を利用していなくても、クリーニング代を請求されてしまう可能性もあるので気をつけましょう。手軽に利用できることから人気のあるマンスリーマンションですが、じつは途中解約では気をつけるべきポイントがあるので注意しましょう。

 

トラブルを起こさないようにするための工夫

マンスリーマンションを利用する場合は、契約期間の途中だったとしても解約して退去することはできます。しかしその際は違約金やクリーニング費用を請求されるだけでなく、事前に払った家賃が戻ってこないということもあり得ます。これらは契約書に書かれているので、契約を締結してしまう前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

また、それ以外にも途中解約にまつわるトラブルを防ぐ方法があることをご存知でしょうか。一つは、最初から契約期間を少し短めにしておく方法で、短期間で設定していれば、途中で解約したとしてもほとんど無駄が発生しません。現在では1日からでも利用できるところもあるので、そういう物件を探してなるべく契約期間を短くしておくと良いでしょう。

当初の契約期間以上に利用したくなったら、わかった時点で期間延長の手続きを取れば大丈夫です。また、利用する業者の評判をしっかりと調べておき、このように途中で解約するときのトラブルが発生していないところを選ぶようにします。家賃の返金などはその業者によっても対応が違っており、全く返金に応じてくれないところもあれば、応じてくれるところもあります。

もしかしたら途中で解約して退去する可能性があるというときは、ぜひ返金システムがあるところを利用しましょう。そうすれば家賃が帰ってこないからといってやきもきする必要もないし、納得いかないと何度も返金交渉する必要もありません。

 

マンスリーマンションは入居前に利用期間を設定し、それに合わせてあらかじめ家賃を前払いするシステムです。そのため、契約期間の途中でもし解約して退去することになった場合、住んでいない日数分の家賃もすでに払っていることになります。

しかし退去して住まなくなるからといって、残りの家賃の返金請求には応じてもらえない場合も少なくありません。だから入居する際は、途中解約に関して然りと業者に対して質問しておくようにします。また長期の利用の方が特典がある場合もありますが、もし途中解約の可能性があるとあらかじめ分かっていたら、なるべく短めに契約期間を設定します。

そうすれば余計な家賃を払わずに済むので、途中でもし退去となってもそれほどもったいないことにはなりません。またこのように途中で解約するときに柔軟に対応できるように、なるべく評判の良い業者を利用するようにしましょう。

 

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
名古屋のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
グッドステイの画像
リブマックスの画像
レオパレス21の画像
記事一覧