名古屋でおすすめのマンスリーマンションや家具・家電付き賃貸業者を比較ランキング形式でご紹介!

値下げ交渉を駆使してお得にマンスリーマンションを契約しよう

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/09/09

名古屋にマンスリーマンションを使って滞在したいと思っているときに、なかなかコストパフォーマンスが良い物件が見つからないこともあります。そのような際に試しておきたいのが「交渉」です。

高い家賃でも魅力的な物件が見つかったときにいかにして値下げ交渉をしたら良いかも説明していきます。

家賃交渉をするときに必要な準備

マンスリーマンションの家賃を下げてもらうために交渉するのなら、不動産業者に相談する前に準備しておかなければならないものがあります。最も重要なのが名古屋における家賃相場の概要を把握しておくことです。交渉をするときにはむやみやたらに安くして欲しいといったところで受け入れてもらえることはまずありません。

なんらかの根拠を持ち出して説得すること交渉における基本的な考え方です。相場はその際に引き合いに出しやすいもので、相場よりも高いのなら堂々と交渉できるでしょう。相場通りの家賃だったとしても、何らかの不満点や問題点を指摘できれば安くしてくれる可能性があります。

まずは名古屋での相場について情報収集をしておくのが賢明なのです。地域によって相場にはかなりの違いがあるので、他の地域での相場を外挿して考えてしまうと正しく評価できません。名古屋の中でも名駅や栄駅の近くのようにビジネスの要所で他の地域へのアクセスも良いところとなると家賃は高めになります。

それに対して主要駅から離れて住宅街が広がる地域になると相場がかなり下がるため、お得に利用できるでしょう。滞在の目的によっては必ずしも名駅周辺などが良いとは限らず、病院や観光スポットなどが近いほうが良いこともあります。

また、同じ駅の周辺にあるマンションだったとしても、徒歩での距離がどのくらいになっているか、その場所からオフィス街や商店街などへのアクセスが良いかといった点でかなりの価格差が生じるのが一般的です。実際に名古屋に住んでいるときにどんな生活をするかを考え、立地条件に応じた家賃相場を調べてみるのが大切と言えます。

一方、間取りや設備も家賃には大きく影響するため、どのような条件が整っていれば満足できるかをあらかじめ考えておくのが賢明です。一人暮らしでも1LDKが欲しいという人もいれば、1Rで狭くても十分という人もいます。設備という点ではエアコンや洗濯機などの一般的な家電はそろっているのが通例ですが、空気清浄機や衣類乾燥機などになると物件によって対応が異なるので注意しましょう。

少し高めの物件を選ぶと標準で付属していますが、安い場合にもオプションで付けられることも珍しくありません。付けられない場合にも滞在中は他の業者からレンタルしたり、リサイクルショップで適当なものを見繕って使ったりすることも可能です。

交渉のための情報収集という観点では、欲しいと思う設備や備品の有無でどのくらい家賃が違うのかを把握しておけば問題ありません。また、名古屋での賃貸物件の家賃についても理解しておくと役に立ちます。平たく言ってしまえば、このくらいの値段の賃貸物件があるからどちらにしようか迷っているという話をすると交渉できるからです。

マンスリーマンションのメリットを考慮したとしても明らかに安いものが出回っているというのなら、何とか入居してもらおうと考えて家賃を下げてくれる可能性があります。引き合いに出す賃貸物件は立地や間取りなどが似ているものほど効果的なので、住みたい条件を決めて、該当する賃貸物件の家賃情報を集めておきましょう。

業者と相談し始める段階から交渉を想定しよう

値下げ交渉をするのは最初から想定しておくのが大切です。もともと目星を付けていて、実際に契約するために仲介を受ける目的で業者に相談することもあるでしょう。あるいは候補物件はまだ決まっていないから業者と相談しつつ決めたいと思うケースもあります。

どちらの場合でも家賃をいくらに落とし込むかをあらかじめ決めておき、やや高めの物件に対して交渉をしていくというスタンスを持つのが合理的です。業者としてはより良い物件に住んで欲しい、高い物件を選んで契約してもらいたいといった思いを持っている場合が多くなっています。

人気のない物件の空室を埋めてくれると助かるのも確かですが、不満を持たれてしまっては評判が悪くなりかねないので、できるだけ希望に沿っていて高めの家賃の物件を紹介して満足してもらおうと考えるのが通例です。

結果として予算オーバーか、そのギリギリのラインの物件の紹介がメインになります。それを見越して家賃の上限がこのくらいが限界、この程度が望ましいという二つを示しておき、上限近くで物件を紹介してもらうと希望のラインまで値下げ交渉をしやすくなるでしょう。

このことを最初から念頭に置いていないと不動産業者との交渉をしにくくなってしまいます。契約しようかどうか迷い始めた段階で、家賃が問題だという話を初めて切り出す人もいるでしょう。

しかし、不動産業者としてはそれまでに家賃についての言及があまりなかったなら、立地や間取りなどの他のポイントをもっと重視しているのだと考えてしまいがちです。すでに交渉の余地がないほど家賃を減らして満足してくれるような物件を選び出していることがよくあります。終盤になってからその話を切り出されてしまうとどうしても応じられないと言われてしまいやすいのです。

他にも交渉できるポイントを探そう

家賃を減らすのは不動産業者にとっては最も難しいもので、交渉のときには別の点から安くできないかという考えも持ってみたほうが良いでしょう。マンスリーマンションを借りるときには家賃の他に水道光熱費やインターネット使用料などを滞在期間に比例する形で支払うことになります。

また、鍵交換代やクリーニング代も請求される仕組みになっていて、入居時にまとめて払うのが一般的です。その費用をできるだけ抑えてしまえば、実質的には家賃を下げたのと同じように節約できます。

一方、オプションサービスを申し込みたいと思っているときには交渉のポイントとして考えておくのが賢明です。家具や家電を追加して入れたい、クリーニングサービスなどを利用したいといったケースが典型的ですが、この料金を交渉の対象として考えることができます。

例えば、この家賃ではちょっと高くて住めないから家賃を少し下げて欲しいと伝えて、断られたとしましょう。それなら代わりに同じ家賃で空気清浄機を入れて欲しいと言った形で交渉すれば応じてくれることもあるのです。

オプションサービスはオーナーや業者にとってあまりコストになっていないことも多いので、交渉を受け入れてもらえる可能性が高くなっています。家賃交渉がダメならオプションを無料で追加するという考え方も持っておきましょう。

 

マンスリーマンションの家賃が高いというときには交渉することができます。まずは立地や設備などを考慮して相場がどのくらいになっているかを確認しておきましょう。その金額を根拠にして交渉すれば納得してもらいやすいからです。

また、家賃が気にかかるから交渉しようという意志があるのは最初から業者に示しておくのが賢明で、交渉を切り出しやすくなります。家賃交渉は断られてしまうこともありますが、オプションサービスなどの他に安くできそうなところがないかも考えておくと完璧です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
名古屋のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
グッドステイの画像
リブマックスの画像
レオパレス21の画像
記事一覧