名古屋でおすすめのマンスリーマンションや家具・家電付き賃貸業者を比較ランキング形式でご紹介!

家族や友達を呼ぶには規則がある!?来客を招く際の注意点

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/09

マンスリーマンションは、1ヶ月単位で利用することが前提となっている賃貸マンションのことをいいます。

ただ、家賃を払って利用する点は一般的な賃貸マンションと同じですが、じつは利用の際のルールで、一般的なマンションとは大きく違っている点があります。

ホテルよりも安く利用できるので人気

物件によっても利用料金は違っていますが、同じくらいの部屋で考えると、ホテルに宿泊するよりもマンスリーマンションを利用する方が安く泊まれます。もちろん家具、家電も付いているので一般的な賃貸マンションを利用するよりも初期費用を抑えることも可能です。

だからマンスリーマンションを利用している人は増えている状態なのですが、実は賃貸マンションとは全く利用上のルールが違っていることも少なくありません。ただ、短期間しか利用しないということから、あまりルールを知らずに利用してしまう人もいます。

しかしそれがもし重大なルール違反となってしまうと、契約期間の途中でも退去させられてしまう可能性も否定できません。だから、安全に、そして何もトラブルを起こさずにその物件で暮らすためにも、マンスリーマンション独自のルールをあらかじめ理解しておきましょう。

そこで知っておきたいルールの一つが、自分以外の人がその部屋に入ることができるかどうか、つまり来客を呼べるかどうかということです。通常の賃貸物件であれば、来客を呼ぶことはもちろん可能となっており、呼んでも良い人と呼んではいけない人がいるというわけでもありません。

しかしマンスリーマンション自体はいつまでもそこで暮らすための物件というわけではなく、そもそも一定期間しか暮らさない仮の住まいという扱いです。だから住民票を移すこともできないし、来客に関してもいろいろなルールが決められている場合もあるので注意しましょう。

来客に関しては、借主以外が入ることができないとされている物件の場合は本人以外は入ることができません。これは借主が許可するかどうかということではなく、その物件を扱っている会社が許可しているかどうかということになります。だから、もし誰かを呼びたいときは、来客が訪れても良いことになっているかどうかを調べておきましょう。

ただ、通常このスタイルのマンションは、入居者が頻繁に変わるので、誰でも入れる状態にしておくと犯罪の温床となる可能性が増してしまいます。だから、そのようなことにならないためにも、建物の中に入れる人に制限をかけている場合が少なくありません。

しかしこの人は良くてこの人はダメとしてしまうと、かなりルールが複雑になってしまう可能性もあります。だから借主本人しか建物の中には入れないとしているところも決して少なくありません。とはいえ、全ての物件がそのようなルールになっているわけではなく、条件付きで他の人が建物の中に入っても良いとしているところもあります。

例えば親族であれば良いとか、中に入れる人数が何人まで、日中の何時から何時までであれば他の人でも建物の中に入れるといった形です。

宿泊に関してはどんなルールになっているか

ある程度の広さの部屋であれば、家主だけでなくもう1人、2人くらいであれば泊めてあげることもできると考えることもできます。しかし実際にその物件の中に入れる人が限られているのと同じで、宿泊に関しても借主以外でも良い場合とダメな場合があるので注意しましょう。

また友達が泊まりに来ることはダメでも、家族や親族であれば泊まっても良いとするところもあります。とはいえ、実際に利用する場合でも、無料で利用できずに水道光熱費などが請求される場合もあるので注意しましょう。

このような取り決め自体は業者によって違っているので、まずは業者の方にほかの人が来ても良いか、泊まっても良いかを確認しておく必要があります。マンスリーマンションにはいろいろな人が暮らしており、それぞれの人が決められたルールを守っています。

その中で1人だけがルールを破ってしまうと、他の入居者に対して迷惑をかけてしまう可能性も少なくありません。また何よりその物件を管理している会社の方にも迷惑をかけてしまう可能性があるので、無断で誰かを呼びいれたり泊まらせたりはしないようにしましょう。

ちなみに、マンスリーマンションはその建物が全てマンスリーで利用されているとは限りません。実際には他の部屋は一般の人が賃貸として入居している場合や、分譲マンションとして生活している可能性もあります。あくまでもそのマンションの一室を利用しているだけに過ぎない場合もあり、適当なことをしてしまうと周りの人に多大なる迷惑をかけてしまいかねません。

したがって来客は完全にNGだったり、家族や友達が訪れることだけはOK、子どもはNG、来訪はOKだけど宿泊はNGなど、それぞれの物件でルールは大きく違っています。どうしても誰かを呼びたい場合や自分以外を泊めてあげたいというときは、必ず運営会社の方に連絡をして判断を仰ぎましょう。

勝手な判断で誰かを呼んでしまった場合

マンスリーマンションは、1日あたり1人で何円といった形で利用料金が定められている場合も少なくありません。つまり、契約していない人がもしその部屋に来た場合、利用料金を払わずにその部屋を使っているということにもなりかねません。

だから、一時的な利用だったとしても、誰か来客がある場合は事前に運営会社の方に利用の可否を聞き、さらに必要に応じて利用手続きを取っておく必要があります。

もしルール上誰も訪れてはいけない、建物の中に借主以外が入ってはいけないと決められており、その内容で契約している場合に誰かを呼んでしまうと、ルール違反、契約違反となります。もちろん100%違反と判断されてしまうとは限りませんが、判断されてしまう可能性も十分あるので気をつけるほうが良いでしょう。

また一人だったらバレないだろうとか、親族だったら問題ないだろうと勝手な判断で誰かを呼んでしまって契約違反となった場合、罰則がある可能性も否定できません。契約違反に関しては、別の人が利用した分の料金を払うだけでも済む場合もありますが、ときには強制退去を求められる可能性もあります。

もちろん管理会社の方も四六時中監視しているわけではないし、来客があるかどうかを確認しているわけでもありません。しかしいつも一人暮らしのところに誰かが来た場合、生活音が変わったりするだけでなく、話す声が近隣に聞こえるようになる場合もあります。

そのため、近隣から管理会社の方に誰か別の人が利用している可能性があると連絡がいくこともありうるので注意しましょう。つまり、大丈夫だろうと思っていても、実は簡単に来客の有無がバレてしまう可能性は十分あるということです。

また来客が許可されている場合でも、頻繁に多くの人が出入りする場合はルール違反と判断されてしまう可能性があるので注意しましょう。あくまでも近隣の人に迷惑をかけないようにマナーを守って生活するというのが、マンスリーマンションで暮らすときにも大切なことになってきます。

 

マンスリーマンションでは、自分以外の人をその建物の中に入れることができる場合もありますが、入れない場合もあります。このルールに関しては運営会社がそれぞれ決めているので、物件によっても違っているので注意しましょう。

また家族は良くても友人知人はダメだということや、子どもはダメだということもあり得ます。したがって、誰かを呼びたい場合はあらかじめ管理会社の方に呼んでも良いか問い合わせておくようにします。

もし勝手な判断で誰かを呼び入れてしまった場合、ルール違反、契約違反となり罰則の対象となることもあるので注意が必要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
名古屋のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
グッドステイの画像
リブマックスの画像
レオパレス21の画像
記事一覧