名古屋でおすすめのマンスリーマンションや家具・家電付き賃貸業者を比較ランキング形式でご紹介!

会社の寮や社宅としてのマンスリーが人気急上昇中なワケとは?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/27

最近は、名古屋市内でもたくさんのマンスリーマンションができています。昔は、会社の寮や社宅などは一般の賃貸住宅が利用されていましたが、最近はマンスリーマンションを利用する会社が増えてきているのです。そもそもなぜこのような傾向が生まれたのでしょうか。

物件にさまざまなものが備え付けられている

マンスリーマンションの魅力の一つは、家具や家電などがすでにそろっていることです。これは、通常の賃貸住宅ではなかなか実現することができませんでした。

なぜなら、家具や家電は通常個人が所有していたため引っ越しをする際にすべて持って行ってしまうからです。当然新しく入居する人は、自分で家具や家電などを購入するか今まで使っていたものをそのまま持ち込むしかありません。

ところが、マンスリーマンションの場合には、すでに家具や家電が備え付けられていますのでわざわざ引っ越しをする必要もなくなります。実は、この引っ越しの料金は会社もちになることが多いですが会社にとっても大きな負担になります。例えば、東京から大阪まで一人の人が移動するのに荷物を運ばなければいけませんが、このときの荷物の料金は5万~6万円ぐらいになることが少なくありません。

これほどたくさんの荷物になるのは、それなりの理由があります。それは、電化製品と家具を運んでいるからです。電化製品にもさまざまな種類がありますが、軽いものは少なくテレビや電子レンジなどそれなりに重たいものも多いことになります。そうすると、引っ越しの料金がかさんでしまい結局5万円以上することが多くなるわけです。

この点に関しては、単身パックを使えば2万円ぐらいで済ませることができるとの意見もあるでしょう。確かに、各引っ越し業者の中には単身パックと呼ばれるものを用意しており、指定されたコンテナの中に入る荷物であれば、2万円前後のお金を支払えば持っていってくれるのが特徴になります。

このように考えれば、確かにメリットはありますがだからといってすべての人が単身パックを使うわけにはいきません。なぜかといえば、単身バックを使う人は現地で電化製品や家具などを購入する人です。実際に単身パックの中身をみると、段ボール10箱程度とテレビが一台ぐらいと非常に必要最低限のものになっています。

ですが、これから新入社員として会社の寮に入る人ならば別ですが、転勤するなどをして会社の寮に入る場合にはある程度自分で電化製品や家具などを所有していることが多く単身パックで運ぶ量ではなくなってしまいます。このように考えれば、引っ越しをする場合の費用も馬鹿にはなりません。

特に、毎年何十人も転勤をするような会社は引っ越し費用だけで100万円以上かかってしまうことが考えられます。そのように考えれば、すでに家具や電化製品が備えられている物件は会社にとって大きな魅力になり得るはずです。

ちなみに、備え付けられている電化製品の代表的なものは、テレビやエアコン、電子レンジそしてドライヤーなどになります。それ以外にも、物件によってはズボンプレッサーなどが備えられておりサラリーマンにとってはありがたい設備といえるでしょう。家具は食器棚やタンスなどは備えられていますが、それ以外にも固定のテーブルと可動式の椅子などが備えられており、一人で生活する分には何ら不便をすることはありません。

ただ、サイズが小さい冷蔵庫などが置かれていたりタンスのサイズが小さかったりする場合もあります。このような場合は、自分で予備の冷蔵庫やタンスなどを購入するのがよいでしょう。

さまざまなサービスを利用することができる

通常の賃貸住宅の場合には、掃除などはすべて自分でおこなわなければいけません。そのため、会社の出張が長期になる場合でも部屋の中は休みの日に片づけなければならず大きな負担になってしまう可能性があります。

特に男性の場合には、掃除が苦手な人が多く、気が付いてみると部屋の中がかなり乱雑になっている傾向があるかもしれません。自分の家ならばともかく、借りているところをそこまで熱心に掃除する人は少ないでしょう。

また、洗濯物なども溜めてしまう人も少なくないはずです。特に、ワイシャツなどは定期的にクリーニングをしたほうがよくそのほうが清潔に感じますが、実際にはなかなか一人暮らしの男性がクリーニング屋に行き、普段着ているものをきれいにすることはあまり考えられません。

それらを徹底しておこなおうとすると、やはり貴重な休みの時間がなくなってしまうためそこに住んでいる人にとっては身の回りの掃除などが大きな悩みになってしまいます。実は、マンスリーマンションを借りる場合にはこれらのものをおこなってくれるサービスもあります。

代表的な例をいくつかあげると、クリーニングのサービスがあります。マンションの管理をしている会社のほうで、クリーニングやと提携してくれていますので日時を指定すればクリーニングの業者が引き取りにしてくれます。そして、休みの日などにクリーニング業者がやってきて、できあがった商品を手渡してくれるでしょう。

料金に関しては、サービスを利用していますのでその分だけ高くなりますが、すべて一括払いになります。会社のほうで支払うことになりますが、事前に会社に許可を得ることが重要になります。

それ以外にも、部屋のクリーニングサービスなども用意されていることも少なくありません。例えば、定期的に部屋にあがり部屋の掃除をしてくれるサービスがあります。このサービスを利用すれば、常に清潔な状態を維持することができます。毎日利用する必要はありませんが、1週間に一度か2度ぐらいサービスを利用すれば、会社の中でも清潔な人として知られるようになるでしょう。

これがはたして会社にとってどのようなメリットがあるかといえば、例えば営業マンが社宅としてマンスリーマンションを利用している場合、清潔な格好をしていることが大前提になります。普段から掃除などの面倒なことを業者に依頼しておけば、会社の評判が悪くなるようなことはまずありません。常に清潔な格好をして外回りをさせていれば、自然とその会社の印象もよくなるでしょう。間接的にですが、それが売り上げにつながることも否定できないでしょう。

セキュリティがしっかりしている面も魅力的

最近は、物騒な世の中になったといわれていますが、実際にセキュリティが不十分なところでは泥棒などが発生していることがあります。特に賃貸住宅の一人暮らしの家は狙われやすく、油断をしていると簡単に泥棒などに限られてしまうでしょう。

泥棒に入られた社員がいる会社は、何となく運気が損なわれてしまいます。そこで、これを避けるためには十分なセキュリティをつけておく必要があります。

マンスリーマンションは、十分なセキュリティが付いていることが多く、安心して住むことができるのが特徴になります。具体的には、玄関のロックは当たり前ですがインターホンにカメラが付いていることも標準装備になっていることが多いです。

また、入り口はオートロックになっており、侵入できないようになっていることも少なくありません。1階の部屋はベランダから狙われることがありますが、周りからみやすいようにベランダがオープンになっているところも少なくありません。

 

会社の社宅や寮として、マンスリーマンションを借りるところが多くなってきています。まず、メリットとしては引っ越しの料金がほとんどかからないことです。すでに家具や家電などが備え付けてあるため、引っ越しをしても会社の負担になることはあまりないでしょう。

また、普段からクリーニングサービスなどを利用することができる点も大きな魅力になります。これを利用することで、清潔な状態を保つことが可能です。そして、十分なセキュリティが備えられている点も見逃すことはできません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
名古屋のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
グッドステイの画像
リブマックスの画像
レオパレス21の画像
記事一覧