名古屋でおすすめのマンスリーマンションや家具・家電付き賃貸業者を比較ランキング形式でご紹介!

契約してからスムーズに入居できるよう契約後の流れを理解しよう

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/02

これから契約したいと思っている人もスムーズに入居できるように契約後の流れを知っておくと役に立ちます。契約期間が短い場合には瞬く間に滞在期間が終わってしまい、退去するときにはどうしたら良いのかと疑問に思う人もしばしばいるのも確かです。

契約してからどのようなことをしていけば良いのかを具体的に考えてみましょう。

 

入居のための計画と準備をしていこう

マンスリーマンションは契約まで終わってしまったら、後は当日に向けて準備を整えるだけです。入居日が確定しているはずなので、その日にスムーズに入居できるようにしましょう。どのような目的でマンスリーマンションを利用するかによって準備の流れには若干の違いがあります。典型的なケースにおける準備の流れを確認しておきましょう。

名古屋に住む目的でマンスリーマンションを契約した場合には引っ越しの準備を整えるのが最も重要になります。洗濯機や冷蔵庫、ベッドやタンスなどの家具や家電は備え付けのものがあるので持っていく必要がありません。

ただ、備え付けになっていないもので必要なものがあるなら引っ越しの荷物として持っていくようにしましょう。他にも食器や調理器具などもそろっている場合が多いので、必要なものと不要なものの取捨選択をして梱包するのが大切です。不要なものはゴミとして処分してしまうこともできますが、粗大ゴミになる場合などには費用がかかってしまいます。

売れそうなものがあるなら買取業者に依頼して買い取ってもらったほうが良いでしょう。リサイクルショップに持っていって買い取ってもらう方法が早いのは確かですが、量が多いなら自宅まで出張してもらって買い取ってもらうのも合理的な方法です。衣類などに不要なものがあるときにも合わせて処分してしまいましょう。

一方、必要なものについては引っ越し業者に頼んで運ぶことになるのが通例です。量が少ない場合には手で運んだり、マイカーやレンタカーなどを使って持っていったりすることもできます。時期によっては引っ越し業者が手配できず、入居日に間に合わない可能性もあるので大まかにでも荷物の量が決まったら予約を取っておくのが大切です。

予約さえできてしまえば多少の荷物の増減には対応してもらうことができます。レンタカーを使う場合にも同様で、早めに予約を取っておけば安心です。元々の住居はそのままにしておいて単身赴任などの理由で一時的な滞在の目的で契約した場合には少しやるべきことが異なります。

基本的には処分するものはなく、名古屋での生活に必要なものだけを持っていけるようにすれば問題ありません。量が多くて運べない場合には引っ越し業者を利用する方法もありますが、宅配便で送るという手段もあるので量に応じて適切な方法を選びましょう。

引っ越しの繁忙期の場合には宅配便のほうが手配しやすいことも多いので、比較してどちらが良いかを決めることが肝心です。旅行のときにホテルの代わりとして契約した場合にはさらに準備が少なくて済みます。滞在中に必要な衣類や身の回り品をまとめておくだけで大丈夫だからです。

ホテルと違ってアメニティーがそろっているわけではないので、必要に応じて生活用品や衛生用品を買いそろえておきましょう。現地調達もできるので焦って準備しなくても問題はありません。このようにして引っ越しの準備ができてしまえば、あとは当日にどのようにして名古屋まで行くかだけが問題です。

マイカーの場合には特に準備は必要ありませんが、新幹線や飛行機を使う場合には引っ越しの準備と並行して予約を取っておきましょう。

 

入居するときと入居直後はどうするか

引っ越し業者を使うときには当日か前日に搬出になるのが通例で、入居日当日になったら現地に向かいます。入居するには鍵が必要になるのであらかじめ受け取り方を確認しておきましょう。

一般的にはマンションの郵便ポストなどにダイヤル式の鍵がかけられていて、暗証番号を知らせてくれています。その通りにして開けると中に鍵があるので玄関の鍵を開けて入れるという仕組みです。業者によっては名古屋に支店があって鍵を取りに行かなければならないこともあります。

店頭に行くのが遠いという場合にはマンションまで指定時刻に鍵を渡しに来てくれるケースもあるので相談しておきましょう。入居したら設備がきちんと整っているか、クリーニングがしっかりとできているかを確認するのが一般的です。契約時に渡された書類の中にチェックリストや間取り図が入っていて、そこに問題があれば記入して管理会社に送るという仕組みになっている場合が多いでしょう。

水がきちんと出て止まるか、エアコンはきちんと動くか、冷蔵庫や電子レンジなどが稼働するかといった形で一つ一つ丁寧に確認していきます。床や壁に傷がないか、タンスにゴミが入っていないか、窓や網戸がきちんと閉まるかなどといった点も確認事項に含まれているでしょう。

自分は特に気にしないという点であっても必ず管理会社に伝えておくことが大切です。賃貸物件と違って退去のときに原状回復義務に基づいたクリーニング代の請求がおこなわれることは基本的にはありません。

しかし、家具や家電を壊してしまったような大損害があったときには弁償を求められることはあります。壊れているけれど使わないから良いといってそのまま入居してしまうと、退去のときに多額の費用を支払わなければならないリスクがあるのです。このチェックを終えてしまえば自由に生活することができます。

 

退去時期が迫ってきたときには何が必要か

入居してしまえば基本的には我が家のようにして使えるのがマンスリーマンションのメリットです。しかし、退去日が設定されているのでその時期に合わせて退去の準備も整えなければなりません。マンションによっては希望すれば契約を継続できるので、もしもっと滞在したいと思ったなら早めに連絡をしましょう。

退去することになったら、入居のときと同じように引っ越しの準備をする必要があります。荷物が多い場合には早めに引っ越し業者に連絡して予約を取りましょう。家具や家電などはそのまま残して行けば良いので、自分の身の回り品だけまとめれば問題ありません。

原状回復義務はありますが、入居のときにクリーニング代を払っているので必死になってきれいにしなくても大きな問題はないでしょう。マンションによっては壊してしまったものなどを自己申告するシステムになっています。

特にそのような指示がないなら、退去日に鍵を指定された場所に戻して出て行けば大丈夫です。通常は入居のときに鍵を受け取った方法と同じで、郵便ポストなどに入れて鍵をかけるか、店頭まで渡しに行くことになります。

 

マンスリーマンションの契約を終えたらあとは入居するだけなので引っ越しの準備をしましょう。時期によっては引っ越し業者やレンタカーが混み合っていて入居日に手配できないこともあるので、契約ができたらすぐに予約を取っておくのが肝心です。

入居したらすぐに生活を始めても問題はありませんが、設備や家電がきちんと動くかどうかを確認し、床や家具などに傷や汚れがないかも調べて管理会社に報告しておいたほうが無難でしょう。

また、退去のときにも早めに引っ越し業者を手配し、退去日に間に合うように予定を立てておくことが大切です。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
名古屋のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
グッドステイの画像
リブマックスの画像
レオパレス21の画像
記事一覧